宮城県奥州市の祭り

宮城県奥州市の祭りについて

宮城県奥州市の祭り3つ

宮城県奥州市江刺区で毎年8月6日、7日に行われている江刺夏まつり七夕まつりは、要介護者も見物できるイベントです。商店街のあちこちに七夕飾りが飾られ、歩行者天国や商店街ごとにそれぞれ独特な趣向を凝らしたイベントが行われています。夜店も開かれ、宮城県奥州市でも有名な夏の風物詩となっています。市内だけでなく、隣県からも大勢のお客が見物にやってきて、毎年とても賑わうお祭りです。明治11年、蓑虫山人が設計したと言われている水沢公園が宮城県奥州市水沢区にあります。公園には約500本の桜が植えられていて、春になるとその桜の見事な咲き乱れる様子を一目見ようと、沢山のお客がやってきます。公園内では毎年4月中頃から5月初めにかけて水沢公園桜まつりが行われ、花見食堂や露店も立ち並び、お客を楽しませています。宮城県奥州市の前沢いきいきスポーツランドで、毎年8月16日に前沢夏まつりが開催します。夕方から始まり、市内の各種団体による演舞、太鼓などの披露が繰り広げられ、夜になると、ろうそくの火を灯した夢あかりの展示が行われます。祭りのメインである納涼花火大会は、会場のすぐ近くから沢山の花火が打ち上げられていきます。その打ち上げられた花火を見るために、周囲はお客で混雑します。

↑PAGE TOP